塗って、飲んで、Wで取りいれるのが最先端のオイル美容です。

乾燥や不調が続く肌に最速&最短で結果をだしてくれるのがオイルケアです。

というのも、オイルは、人間の皮脂組成に近く、親和性が高いことから、素早く肌になじんで、乾いた肌を保護してくれるうえ、 たっぷりの栄養を肌に与えることができるので、疲れた肌や元気のない肌に活力を与えて、立て直してくれる効果が抜群なんですね。

スキンケアにオイルを使うという意味でのオイル美容は、いろんなところで紹介されていたり、特集を組まれているので、 ご存じだとは思うんですが、オイルを飲むことで得られる美容や健康効果も実は無視できないほど影響が大きいんです。

スキンケアに使う「塗る」オイルというのは、ホホバオイルやオリーブオイルなどが有名で、肌に直接塗ることで植物の生命力やパワー、 そして栄養を取りこむことができるので、肌の代謝を促進したり、炎症を鎮めたり、肌を保湿することができます。 オイルが皮膜となり、肌のうるおいを逃がさないので保湿効果も期待できます。

これに対して「飲む」オイルは、ホルモンや細胞膜をつくる材料になるほか、抗酸化作用で体内の活性酸素を除去してくれたり、 血管を丈夫にして生活習慣病のリスクを軽減したりしてくれる効果があって、身体の内側から健康や美容をサポートしてくれます。

このように「塗る」と「飲む」では、もたらす効果が違うので、 この違いと組み合わせてうまく利用すると、肌の内側からと外側から効率よく美肌・アンチエイジングを行うことができるんですね。

塗って、飲んで、Wで取りいれるのが今最新のオイル美容です。

塗るオイル美容のメリット、具体的な効果について

オイルを使ったスキンケアが注目されているといっても実際にアンケートをとると、 オイルをお肌のお手入れに取りいれているという女性はすべての年代をあわせても4割にも満たない数字です。

20代にかぎっていえば2割程度。注目はされていても実践者は少ないんです(泣)。

ちなみに、オイルを使用しない理由のベスト3を紹介しておくと、

1位 ベタつきそう
2位 重そう
3位 使い方がわからない

の3つが不動なんです。悲しいことに使ってみて肌に合わなかったからといった理由ではなく、 「オイル=ベタつく&思そう」というイメージだけで判断してしまって、使ってもいないのに苦手といっている人がほとんどなんです。 特に若い人ほどその傾向が顕著です。

オイルは皮脂が不足してくる30代以上の肌にはもちろんですが、 ニキビがあるとか、男性ばりにオイリーでテカテカな肌をしている人であっても実は利用する価値があります。 そのあたり詳しく当サイトで解説しているのでチェックしてみてください。

≫ オイルは何が凄いのか?美容通が最後にハマるその理由

内容:特に肌が弱っているとか衰えが目立ち始めた30代以降の年齢肌には抜群の効果があります。

≫ オイル美容についてよくある質問・疑問に答えます!

内容:「ベタつきが気になる」「ニキビがある肌に使うのは逆効果では?.....」そんな疑問に回答。

飲むオイル美容のメリット、具体的な効果について

普段のスキンケアにオイルを取りいれているという人ですら、少数派なのに、美容や健康のためにオイルを摂取することを意識している人となると、もっと少ないと思います。

これも多くの人にとっては、「オイル=脂質だから太る原因になる」というイメージが先行してしまっているのが原因だと思います。脂肪酸の知識がないと、積極的な摂取したほうがいいオイルと避けたほうがいいオイルの区別がつかないので仕方ないといえば仕方ないんですけどね。

ただ、食事制限ダイエットなどをして、オイル抜きを行ったことがある人はわかると思うんですが、肌はカサカサになりますし、ひどいときは生理が止まったりします。これはもうおわかりのようにオイル抜きをしたことが原因です。

オイルが脂質でカロリーが高いというのは確かにそういう側面もあるんですが、必須脂肪酸というものがあるように、身体の中では合成できない不可欠なものなので、それが不足してしまえば、肌だけでなく、身体のあらゆる機能にその影響がでてきてしまいます。

≫ 抗酸化作用で活性酸素を除去して老化を防ぐ!

内容:30代以降は抗酸化力が衰えてきますからオイルの抗酸化成分を摂りいれて若々しさを維持。

≫ ホルモンバランスを調整して、ハリと潤いをアップ!

内容:女性ホルモンの材料になるのがオイルです。太りそうだからと避けていると大変なことに。

≫ ドロドロ血液をサラサラに、ボロボロ血管を強化する!

内容:普段摂取しているオイルの種類が血管や血液の状態を左右します。美容にも当然影響します。

≫ アレルギー反応を緩和し、敏感肌対策にもなる!

内容:体内の脂質バランスを改善することで、アレルギー反応や炎症が鎮静化します。敏感肌にも◎。

更新履歴